2009年9月19日に、マイケルやもという名前で初めてステージに上がって今日で6年になりました。

>>衝撃のデビュー映像(笑)
80s DISCO NIGHT MJスペシャル@目黒食堂

この6年間、本当にたくさんの人たちとの出会いに恵まれて、おかげさまで、ここまで色々なことをやってこれたと思っています。
本当に心から感謝しています。

「マイケルやも」をやるきっかけになったことを、今でも昨日のことのように思い出します。

2012年5月にmixiに書いた日記です。
マイケルやもを産み出してくれたCHINOロペスさんに感謝です。

===
これは僕が、人前で初めてマイケルのパフォーマンスをすることを決心した時のメールです。

mail

★日付に注目↑

その年2009年の3月、いきなりマイケルの記者会見がありました。

すぐ後にThis Is Itの発表があり、まもなくチケット販売が開始されました。
一般席が取れず、ようやくプレミア・シート(スリラー・パッケージ)で10列目くらいを確保しました。

毎日が楽しみで寝られなかった。

「See you in July!」

マイケルつながりのみんなと毎週のように会っては、マイケルの話をした。
一日中話しをしても話しは尽きなかった。

その年の5月16日、その日も上映会オフからのマックで夜中まで話していました。
誰かが言った「オープニング、想像してみて?」
マックは、悲鳴でいっぱいになりました。

その日はNHKの「熱中夜話」への出演のお誘いがあった。
そして家に帰る道で、もう1軒、チェックしていたイベントに一人で行きました。

目黒食堂
80’s DISCO NIGHT

ビルボード・ヒット、ソウル、ユーロビート・・・
それは僕にとって、とても心地よい空間でした。
1人で、2時間くらい、80’sサウンドに身をゆだねた。
マイケルのビリー・ジーンや、ヒューマン・ネイチャーもかかったから、マイケルのまねをして踊った。
そして帰ろうとしたとき、引き止める人がいた。

「このイベントのオーガナイザーだけど、次のこのイベントで、マイケルのパフォーマンスをしてくれないかな~」

「ごめんなさい。僕は、そういうのやったことないから。」
さっき見た素晴らしいダンサー達のショーケースのどこのどのあたりに、自分などが入ってゆけるすき間があるものか。
しかもちょっと怖いから、目を見ないようにしてた。

「どうやって説得しようかな」
グラサンを取ってふいた時に、想像もしてなかったキラキラした瞳がのぞいた。

「音源も作るからサ、出来上がったらやるかやらないか決めてくれても全然いいよ!」

僕は連絡先を渡してそのお店を出ました。

kako-zrltoqm21w9fjlud
その時の場所で再現写真(既にマイケルになってますが^^;)
2012年5月、目黒食堂ファイナルにて

それが、

CHINOロペスさんとの最初の出会いでした。

映画フラッシュ・ダンスに登場した伝説のブレイクダンス・チーム、ロック・ステディ・クルーのメンバー、
ドリカムやMAXのステージ、PUFFYのPVなどで、
日本のダンス・カルチャーを開拓し、
エンタテインメントのありとあらゆるシーンを支えてきた、
そんなお方からの畏れ多きお誘いにもかかわらず、

その後も気乗りがしない僕に、何度も連絡をくれて、ショーの提案をしてきました。

それから1ヶ月ちょっとが経ち、冒頭のメールでのやりとりをしました。

翌日。

「ヤモさん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大丈夫ですか?」

「これはきっと何かのご縁だし、このショーはぜひやらせていただけませんか?それと、マイケルファンが集まるところに一緒に行きましょう。」

翌々日に代々木公園で行われた「追悼集会」に一緒に行きました。

>>マイケル・ジャクソン 追悼集会 at 代々木公園 09年6月27日
>>2009年6月 フランスの国際ニュース専門チャンネルFRANCE24に放映されました

200人ほどのマイケルファンの中、自然と集まった数人と一緒に無音でマイケル・パフォーマンスをした。

信じられない・・・だけど今、この目の前にいるみんなを笑顔にしたい。

僕は今も、この気持ちを胸に抱いて、

自称MJトリビュート・パフォーマー「マイケルやも」をやっています。

そしてその扉を開いてくれたCHINOロペスさんに、言葉では表せないくらいの感謝をしています。

img_0111
CHINOさんと(後ろにパーツさん)2012年5月、目黒食堂ファイナルにて

この記事は2012年5月mixiに投稿した日記を再編集して掲載しました。